長年培った卓越した技術力

ホーム >  事業内容 >  長年培った卓越した技術力

匠の技術Takumi Technology

1942年、古くから金物の産地として知られた新潟県三条市に当社は誕生致しました。
設立当初から機械部門では工作機械、鍛造部門では精密型打鍛工品を製造。
戦後には、たばこ製造用機械をはじめ、自動車用エンジン部品、ダイカスト金型、ラベル印刷機と、幅広い分野に進出し、挑戦をして参りました。
今や各業界においてリーディングカンパニーとしての信頼と実績を獲得し、その伝統技術をもってお客様のご要望にお応えして参ります。

  • 旧本社・三条工場(新潟県三条市西四日町)旧東京支店ビル
  • 現本社・三条工場(新潟県三条市猪子場新田)現東京支店ビル
  • 中研式2形間切紙巻機(1945年頃)
  • 三光式製縄機(1950年頃)
  • 自動車産業向け鍛工品(1958年頃)
  • ブローチ盤(1963年頃)

たばこ用フィルター製造機

たばこ製造機械のトップメーカーとして歩んできた当社の技術が集約されたマシンがフィルター製造機です。一分間に最速6000本をカットでき、しかも誤差は±0.3㎜という精度の高さは世界のトップ水準を誇ります。
また、後工程の集積装置もラインアップされており、フィルターロッド製造から箱詰めまでの一貫ラインを構成しているのも当社の強みです。


一分間に最速6000本をカットするマシンの動きは、目にも止まらぬスピードを実現。

 

ラベル印刷機

1977年より事業に着手し、世界から絶賛される高精度技術を誇る当社の印刷機械。
中でも近年「コンパクト」「シンプル」を求めるお客様のご要望にお応えして誕生したCS-200は、超小型でありながらそれまでの凸版輪転間欠式印刷機としての技術力を結集しております。
なお、間欠式印刷機のインラインに搭載可能なインクジェットシステムは、当社が開発した独自の制御システムにより、搭載を可能としております。
従来の凸版印刷及びオフセット印刷に、インクジェット方式によるバーコード、QRコード、可変情報の印刷を一体で行うことができるのも当社の複合技術の証です。

  • 超小型印刷機CS-200。時代の要望に技術力を注いで応えた逸品。

  • インクジェット印刷によるバーコード、QRコード、可変情報の印刷を一体で実現

コンロッド(自動車用エンジン部品)

設立当初から難易度の高い異形鍛工品の製造に力を注ぎ、長年培われた技術と合理的な鍛造生産システムにより、高精度で高強度な製品を量産しております。
また、熱間鍛造による工法では、国家技能士資格を持つ職人により、鋼などの素材をエアードロップハンマーで鍛錬し、目と技で絶妙な仕上がりを見極めております。
主力のコンロッドは、自動車用エンジンの回転部分に用いられ、その強度を保ちながらも重量はわずか300g。軽量化の実現により燃費向上に寄与し、地球環境に貢献しています。

  • エアードロップハンマーで鍛造する職人の目は寸分をも見極める。

  • 高いシェアを誇るコンロッド

  

pagetop